シロアリ被害を防ぐ方法|嫌いなあいつをやっつける!ゴキブリ対策で行なうこと
男の人

嫌いなあいつをやっつける!ゴキブリ対策で行なうこと

シロアリ被害を防ぐ方法

床

床下の湿度を下げる

シロアリが高温多湿を好むことはよく知られています。住宅の床下は昼と夜との温度差から結露しやすく、しかも空気の流れが悪いので湿気がこもりがちです。湿度が高いままにしておくと、カビやダニが発生しやすいのはもちろん、シロアリにとっても繁殖に好適な環境となります。薬剤を散布してシロアリ駆除を行なっても、多湿な状態を改善しない限り、何度でも再発する恐れがあります。これを防ぐには床下換気に気を配ることが大切です。正しく設置された床下換気システムは、電動式ファンで強制的に床下の空気を循環させ、湿度を下げる効果があります。空気を吸い込むタイプと排出するタイプがありますが、いずれも作用は同じで、シロアリ駆除業者などが取り扱っています。

ベタ基礎でも過信は禁物

住宅の基礎には大きく分けると布基礎とベタ基礎があります。近年増えているベタ基礎は、家の土台全体をコンクリートの基礎で支えるタイプで、基礎と土台の間に隙間のあるパッキンを噛ませて通気させます。そのため通気口がない家も多くなっていますが、パッキンだけでは十分な床下換気ができない場合があるため注意が必要です。高断熱・高気密住宅は、それだけ外気との入れ替わりが少なく、湿気がこもりやすい家と言うことができます。このような住宅ほど床下換気に配慮しなければなりません。シロアリの繁殖やカビによる健康被害を防ぐだけでなく、木部の腐食を止め家の資産価値を長く保つためにも、適切な床下換気システムの導入をお勧めします。